雨水から住宅を守る防水工事|外壁はメンテナンスが大事

男の人
太陽光発電

電気代をもっと安く

リニアモーターカーの開業が決まりますます多くの人が訪れる名古屋には、冬場でも太陽光があるので太陽光発電がとても役立ちます。国や自治体からの補助金があり、設備も安くなっていて、発電力も上がっています。

塗装

家を長持ちさせたい

家を建ててくれた工務店やハウスメーカーに外壁塗装を頼んでも、その業者が塗装工事を行ってくれるわけではありません。塗装業者に下請けに出すのが普通ですので、マージンがかかります。名古屋には良い塗装業者がたくさんいますから、自分で業者を探して直接頼むようにするのが得策です。

屋根や外壁から入る雨水

傘と家

割れ目の接着と水抜き

建物の屋根や外壁は、気温の変化である程度収縮するのですが、これを繰り返しているうちに、ヒビが入って割れやすくなります。割れるとそこからは、雨水が入り込んできますし、これによって建物の内部は湿気で腐りやすくなります。天井板から雨水がしたたってくることもあるのですが、こういった事態を防止あるいは解消するためにおこなわれている作業が、防水工事です。屋根や外壁の割れ目が原因ですから、防水工事ではそこを埋めることになります。具体的には、屋外用の特殊な接着剤を、屋根や外壁の割れ目に流し込むのです。もちろん、天井の部分に多くの雨水がたまっている場合には、小さな穴をあけてそこから雨水を除去して乾燥させる、水抜きという作業もおこなわれます。

塗料でコーティング

屋外用の接着剤は強力で、たとえ激しい雨が降ってきたとしても、溶けたり除去されたりすることはありません。そのため防水工事をおこなった部分では、その後は雨水の侵入が長く防げることになります。ところが防水工事をおこなっていない部分、つまり接着剤を使用していない部分では、新たな割れ目が発生する可能性があります。すると今度は、そこから雨水が侵入してくることになるのです。これを防ぐために昨今では、屋根や外壁全体を塗料でコーティングするという防水工事もおこなわれるようになっています。粘土細工にニスを塗ると、水を弾くようになる上に強度が高まりますが、屋根や外壁も専用の塗料でコーティングすれば、水を通しにくくなりますし割れにくくなるのです。

塗装

大切な我が家を守るには

大阪は温暖な気候とされていますが非常に暑く、大阪湾の海風によって湿気が高いことから外壁が侵されやすいものです。外壁塗装は家を長く美しく守るために施すものです。ただし塗料には寿命があるためメンテナンスが必要になります。現在、人気が高い塗料は耐久性や機能性に富んだシリコン樹脂塗料です。